2022年12月4日日曜日

【12月3日開催大野山アウトドアフェスタ】12月4日

 昨日、大野山山頂では第10回大野山アウトドアフェスタが開催されました。

午前中、松田警察署山岳救助隊・県警航空隊の『実践山岳救助デモンストレーション』に帯同させて頂きました。訓練の様子です。


大野山山頂で行われた大野山アウトドアフェスタ

あいにく富士山は雲の中でした

11時山岳救助デモンストレーション開始

松田署山岳救助隊、隊員の整列敬礼

要救助を演じる隊員(右足骨説を想定)

要救助者のもとへ隊員降下準備&救助者引き上げ準備(システム構築)

要救助者のもとへ隊員降下開始

要救助者のもとへ怪我の具合を確認、骨折箇所固定措置

もう1名の隊員も合流要救助者へ背負い搬送用ハーネスの装着

上では3分の1システムによる救助者の引き上げ準備

引き揚げ開始

号令をかける隊員

引き上げ

引き上げ

引き上げ完了後、要救助者をバスケに乗せチロリアンブリッジで

谷を移動(想定)

対岸にバッスケット到着

ヘリのピックアップポイントへ

ヘリの誘導、ホイストによる要救助者回収準備

上空に県警航空隊到着(上空約15mでホバリング)

航空隊隊員降下

バスケットをホイストに繋ぎ回収準備完了

引き上げ

引き上げ

引き上げ

回収完了帰投

任務完了

終わりの敬礼


2022年は西丹沢では数多くの遭難事故が発生しています。無理のない登山計画をお願いいたします。






























































2022年11月19日土曜日

【11月19日開催イベント報告】地学教室

 天気も良い中、人気のイベント門田先生と歩く地学教室が開催されました。


玄倉に集合し小菅沢で岩石の観察をしました。

かつて丹沢が海底にあったことが分かる岩石を沢山見る事ができました。

その後、西丹沢ビジターセンターへ移動し小菅沢とはまた一味違う神奈川の石であるトーナル岩を観察しました。

その後、ビジターセンター館内にて岩石標本作りをし門田先生の講話を聴いてイベントは終了しました。

集合後から丹沢の成立ちの解説です。

沢へ入っていきます。

良い天気で地学日和でした。

フィールドでも随時解説が入ります。

枕状溶岩に水をかけると…

急冷相がはっきり観察できます。

巨大な枕状溶岩

フィールドでは新しい発見が随時あります。

カントウカンアオイ

西丹沢ビジターセンターに戻りました。

ここまでくるちと参加者の皆さんもハンマー慣れしています。

館内で岩石標本つくりをします。

興味深い話が盛りだくさんです。













2022年11月5日土曜日

【11月5日開催イベント報告】丹沢湖カヤック自然体験

 本日は丹沢湖にて、カヤックを使った自然体験イベントを実施しました。


前回は5月夏の開催で今回は秋の開催、丹沢湖の様子もだいぶ変わっていました。


ホシハジロなど渡り鳥も観察でき季節の経過を感じました。


イベントはカヤックの漕ぎ方講習から始まり、ヘイロクの滝で丹沢の岩石の解説、玄倉川方面で枕状溶岩を観察しました。もう花は見られませんでしたが、ホシハジロを始めカワセミなど野鳥を観察することもできました。


カヤックは二人乗りなのでお客様同士で乗ったり、漕ぐのに自信のない方はスタッフと乗ることもできます。スタッフと乗ったら写真撮影に集中できたりするので楽しみ方はいろいろです。


カヤックの漕ぎ方講習からイベントスタートです。

お客さま同士で乗船したり。

スタッフと同乗したり。

楽しみ方はいろいろです。

ヘイロクの滝で地層を観察できます。

巨大な枕状溶岩を目の前で観察しました。


2022年11月3日木曜日

【11月3日開催イベント報告】登山ガイドと行く西沢・紅葉の滝

 本日10時出発で西沢本棚に向けて、登山ガイドの先導で滝巡りをしてきました。


ここのところの冷え込みで紅葉も進み、花もまだ咲いていて、なにより天気が良かったので最高のコンディションでした。


滝巡りツアーは初心者の方も靴紐の結び方から登り方までフォローできます。また経験者の方も植物の解説から岩石の説明から丹沢の成り立ちの解説までありますので内容盛りだくさんになっています。


ご興味ある方は次回開催をおまちくださいませ!

ビジター館内で丹沢の成立ちの解説

西沢へ出発です!

橋を渡ってすぐ植物の解説です。

ミツマタが次の春を待ちます。

大笄と小笄もくっきりです。

さぁ登っていきましょう!

木橋は一人づつ慎重に…

靴紐の結び方のご指導もはいります。

疲れにくい登り方なども説明しながら登ります。

鎖場もアドバイスがはいります。

ダイモンジソウ

イワシャジン

アキノキリンソウ

そしてダイモンジソウ


本棚に到着しました。


ミソサザイもお出迎え…

モミジも色づいてきました。

そして帰路につきます。